J:COM

Recruiting 2020

06メディア事業領域

J:COMだから生み出せる
新たな価値観、
楽しみ方の提供を。

2008

年入社

中野 明子

Akiko Nakano

広告営業部

(経済学部国際経済学科卒)

img

入社動機は

"開かれた"雰囲気と
"人の良さ"を感じられた

就職活動当時、具体的に働きたい業種があったわけではありませんが、"ワクワク"を提供する仕事に就きたいという思いがあり、メーカーなどモノづくりの会社を中心に企業研究をしました。その中で、最終的にJ:COMに決めた理由は人です。人事部の方が親しみやすかったため、選考中も思っていることを忌憚なく言えました。入社してからも上司や同僚に恵まれているな、と思うことは多々ありましたが、振り返るとJ:COMの"人の良さ"に就職活動中から触れており、そこに惹かれて入社をしたからだと思います。また、当時のJ:COMはまだまだ歴史の浅い企業だったので、"開かれた"雰囲気も感じました。これから成長していくという会社なので、チャンスに溢れ、自由にチャレンジさせてくれるのでは、とも思いました。大学時代は体育会のバレー部に所属し、それなりに厳しい環境にいましたが、今いるところでいかに楽しめるか、ということを考えていました。"苦労するからこそ喜びもひとしお"という環境を知らず知らずのうちに望んでいたのかもしれません。

img

現在の仕事について

クライアントと視聴者の
両方のニーズを叶えるための目線

広告営業部では、企業に対しJ:COMが運営している専門チャンネルのCM枠や協賛番組のご提案を行うBtoBの営業活動をおこなっています。現在、私は「ゴルフネットワーク」と「J SPORTS」の担当で、最近では外国車メーカーをクライアントとした番組を制作しました。クライアントの車でゴルフ場を周りながら、普段見られない朝焼けや夕日が沈むシーンをスチールカメラで撮る、という内容で、視聴者にゴルフ場の魅力を再認識してもらいつつ、クライアントの車にも心が惹かれるような構成を考えました。
広告企画はチャンネルの視聴者も意識しながら、広告主であるクライアントのご要望にも応える必要があります。クライアントから聞き出した悩みの解決方法は、営業局でケーブルテレビサービスの提案営業を担当していた時期にチャンネルを視聴するお客さまと直接触れ合ってきた経験を踏まえながら考えます。実際にその番組を見る人がどんな方なのかを具体的にイメージできるのは、入社直後のBtoC営業での知見が役立っています。

img

働いてみて感じる、J:COMの印象

多方面に広がる社内ネットワークのおかげで
困難も乗り越えられる

広告営業部に異動するまでに3つの部署を経験しました。勤務エリアや業務内容が変わるたびに、新たな環境に慣れるまでの苦労はありますが、それをバックアップしてくれる人が多かったことで乗り越えることができました。部署異動によって関わる人が増えることで、新たな社内ネットワークも生まれるので、困難に直面してもすぐに相談できます。社内にいながら、多方面にネットワークが広がり、新たな情報を得られるのは、多彩な部署があるJ:COMならではでしょう。情報共有がしやすいだけではなく、こうしたいなと思うことを実現しやすい"開かれた"職場なので、仕事の幅も広がりやすかったです。
最初に配属されたときの上司に教えてもらった"コミュニケーション"の重要性を、今また強く認識しています。"人に恵まれているJ:COM"の環境を最大限活かせたのは、コミュニケーションのおかげ。私の礎を作ってもらった上司には今でも感謝しています。

img

今後の目標は

地域密着を活かした
J:COMならではのムーブメントを

広告営業部での私の当面の目標は、既存のクライアントへの営業成績を伸ばすこと。今までの先輩が築き上げてきたクライアントとの関係性を維持しながら、実績を増やしていきたいです。まだまだ足りないところは多いと自覚していますので、業界の知識を身につけながら、担当するクライアントのニーズをしっかり満たす企画を考えられるよう励みたいと思っています。
ゆくゆくは学生時代から励んできたスポーツ界への貢献にも繋がる仕事がしたいです。今まで知らなかったけど、テレビで観てみたいみたいな、会場に足を運んでみたいな、やってみたいなと思うようなスポーツに番組イベント企画を実施できればと思っています。今や全国的に盛り上がりを見せるJリーグも、地域のクラブチームに元気があるからこそ。J:COMの地域密着という強みを活かし、いつか"J:COMが発信したことで火が付いたスポーツ"というブームを作れたら嬉しいですね。地道な作業も多いですが、やりがいを大いに感じています。

img
  • Private

    スポーツは自分でやるのも見るのも好きです。高校生のバスケットボール大会やラグビー大会、大学生の大会等、アマチュアスポーツからプロスポーツまで幅広く観戦します。旅行で海外に行った際もタイミングが合えば現地のスタジアムまで足を運びます。仕事でもプライベートでも "体を動かす"ことを満喫しています。

  • Message

    とにかく怖がらずにチャレンジしてみてください。自分が本当にやりたいと思えることは、簡単には見つからないものです。頭で考えすぎず、どんどん動くこと。壁にぶつかり立ち止まるときは、周りの先輩や同僚に聞けば大丈夫です。J:COMにはチャレンジできる環境があり、サポートしてくれる仲間も沢山います。