お客さま満足のため、
営業担当が力を発揮できるよう
法務ができることはたくさんある

現在の仕事

実際のビジネスに合わせて
法令との適合を検討

ケーブルTV事業部門の法務担当として、J:COMサービス提供に関する契約書やタイアップ企業と結ぶ契約など、営業施策に関連した契約書のチェック、営業担当のセールスマニュアル等が法令を遵守しているのかの事前チェック、新たなサービスを始める際の法令面からの検討、コンプライアンス推進業務などを主に担っています。私は法学部の出身ですが、法務の仕事は実際のビジネスに当てはめながら法令との適合を検討する複雑なものです。柔軟な考え方が必要になるため、法務部に異動した1年目に「ビジネス法務検定」の資格を取得し、この間に得た知識も活かしながら日々の業務に取り組んでいます。
コンプライアンスの推進では、社内研修の企画や啓蒙活動に加え、業界団体のケーブルテレビ連盟のコンプライアンス委員会に出席することになりました。他社のメンバーは、社長や本部長など重い肩書きの方ばかり。私だけが年齢的にも若く女性も1人ですが、J:COMを代表して参加していることを意識し、会合では積極的に意見を出し議論に参加しています。

仕事をする上で大切にしていること

幅広い意見を聞き
客観的に考える大切さを実感

入社後の3年近く戸建て住宅への営業活動を行う中で、世の中には本当に様々な方がいらっしゃり、また様々な考え方があることを知りました。そしてその時学んだのは、自分の価値観に固定されることなく幅広い意見を聴いて客観的に考えること。この姿勢は法務部に異動した今も大切にしています。
現在の仕事では、契約書のチェックなどで気になる点があれば、担当者に直接会いよく話を聴いた上で、解決策を一緒に考えるよう心がけています。届いた書類に赤字を入れて返すだけでも役割を果たしたことにはなります。しかし、これでは本当に「法務部に相談して良かった」と思ってもらうことはできません。相手のニーズをしっかり汲み取り、より良い方法を提案する。私だからできることは何か、という視点を大切にしています。これも営業時代に基本を学び、法務の仕事を通じて磨いた姿勢の1つだと感じています。

現在の業務のやりがい

営業時代に感じたことを法務の仕事で実現する

営業を担当していた頃、「契約書にこう記載されていれば、こんな書式があれば、こんなルールがあれば」と思ったことが何度もありました。J:COMのお客さまの層は本当に幅広く、「様々な方がいる」ことを前提に契約書類の文面などを工夫すれば、お客さまの理解が深まり誤解を防ぐことができ、さらには満足度の向上にもつながります。そのような、現場で感じた課題を自分の手で解消できることに、今の業務の一番のやりがいを感じています。
法務の仕事は、一見するとひたすらデスクで契約書に向かう仕事のように見えますが、実際は様々な方の話を聴き、一緒に問題解決を図ることがとても多い仕事です。理論的、分析的な検討には法律知識が欠かせないですが、同じくらい経験やアイディア、想像力などのバランス感覚が求められます。そのためにも広い視野をもってあらゆるものの中から取捨選択できる能力が求められ、普段から他部署と積極的にコミュニケーションをとることを心がけています。

入社の決め手

色々なチャレンジができそうなことが
J:COMを選ぶ決め手になった

海外転勤の多い家庭で、幼い頃は西アフリカのコートジボワール共和国で現地の子供ばかりの幼稚園に通い、小学校高学年からはアメリカのニューヨークで過ごしました。このときのアメリカ生活でケーブルテレビに慣れ親しみ、日本に戻ってからもJ:COMを利用していたことが、当社へ私が導かれることになったように思います。就職先で希望していたのは、エンターテインメントを提供できる会社ということでしたが、会社訪問などで幅広い事業を展開していていることを知り、活気にあふれた雰囲気に魅力を感じ、また色々とチャレンジできそうだと感じたことがJ:COMを選ぶ決め手になりました。

学生の皆さんへのメッセージ

地域に密着して様々なお客さまとお話しし、お客さまごとに最適なサービスプランを提案し、生活に彩りが増えた喜びを分かち合う経験ができるのはJ:COMならでは。その間に身に付く、相手の考えや希望を把握し、ニーズに沿った解決策を提示するスキルは、どのような仕事にも活きるものだと思います。幅広い事業を展開するJ:COMには様々な職種と業務があり、自分の可能性を拓きたい方には最適な場だと思います。

ある1日のスケジュール

09:30
出社。部の朝会(朝礼)、チームでの案件対応状況の確認
10:00
コンプライアンス研修の実施
11:30
契約書のレビュー
13:00
ランチ
13:30 
午後はひたすら打合せ。販促担当者と新規キャンペーンに関する打合せ
14:30
広告物の内容審査に関わる打合せ
15:00
営業担当者と契約書の問題点の確認
15:30
大型プロジェクトの定例会議
16:30
営業手法に関する打合せに参加
17:30
契約書のレビューの続きやメール対応など
19:00 
退社
Copyright© Jupiter Telecommunications Co.Ltd. All Rights Reserved.