若くても責任ある立場を任されるところが、
J:COMの魅力

現在の仕事

情報クローザーチームのリーダーとして
マネジメントを担う

不動産管理会社から提供された集合住宅の入居情報や、家電量販店から紹介のあったお客さま情報をもとにお客さま宅へご訪問し、ニーズに合わせたJ:COMサービスをご提案するのが、情報クローザーの業務です。そのチームリーダーとして、私はチームマネジメントに携わっています。情報クローザーは、戸建てや集合住宅、法人などお客さまが多岐にわたるため、商品提案や工事方法を的確に行うには一定の知識と経験が求められます。長年営業経験を積んできたスタッフが多いチームなので、安定してご契約をいただけることが多く、さらにプラスアルファとして何が必要か。今まで自分が体得してきたものをチームに共有し、どうすればより多くのお客さまに、J:COMのファンになっていただけるのかを考えます。商品やキャンペーンについても日々新しいものが展開されるので、リーダーとして噛み砕いてメンバーに伝え、しっかりとチーム力を高めていくことが重要になります。

 

現在の業務のやりがい

チーム全体で目標を達成することが、
自分にとってのやりがい

チームリーダーとしてチームを統括する一方で、自分自身も一人の営業担当としてお客さまを担当しています。チームメンバーのほとんどは、社歴も年齢も自分より上の先輩であり、入社時より様々なことを教えていただいた方々です。とても優秀なメンバーが多い中で、リーダーとしても、人としても未熟な部分はあるものの、チームメンバーに対して、常に「尊敬と尊重」を忘れないように心がけ、改善できるところ、成長できることがあるのであれば、遠慮することなくチームメンバーに伝えるようにしています。
そういった環境の中で、メンバー全員が個々の目標を達成し、さらにはチームとしても目標を達成した時の喜びはひとしおです。「メンバーの意識はリーダーの意識を超えない」という上司の言葉を胸に、リーダーの自分が妥協したり、諦めたりすれば、メンバーの限界や伸びしろを狭めてしまうことにもなるため、常に自身の意識と責任感を強く持つことを心がけています。

仕事をする上で大切にしていること

お客さまとの出会いの積み重ねが、
大切にしている私の原動力

チームリーダーになる以前、電話サービスのご加入を希望されるお客さま宅へご訪問したことがあります。洋服の寸法などを直すお店を経営しているご年配の女性で、はじめは電話以外のサービスは必要ないと仰っていたものの、「澤田さんに親身になって話を聴いてもらったから」と、結果的にテレビサービスもご契約していただきました。
お客さまが経営する店舗が局舎の近くということもあり、そのお客さまからお困りごとの入電があった際は、すぐにご訪問して対応していました。
ご契約から約1年後、その方から解約したいと入電が。「店舗の電話を解約するかわりに、新たに自宅でサービスを契約したい」との申し出がありました。普通であれば、カスタマーセンターへ解約のご依頼がありお客さまとのつながりもなくなってしまうところ「澤田さんと出会えたのもご縁だし」と温かいお言葉をいただきました。Face to Faceのやり取りがあったからこその喜びを感じたできごとであり、私がチームリーダーになった時も、まるで自分のことのように喜んでくださいました。現在でもお困りごとがあった際にはアフターフォローにお伺いをしています。こんなお客さまとの出会いの積み重ねが、現在の原動力ともなっており、今後も大切にしていきたいと考えています。

入社の決め手

若手でも責任ある仕事に
挑戦できる環境が魅力

就職活動を始めるにあたり、自分が何をしたいのか定まっていなかった中で、J:COMは、通信・放送のインフラからメディアまで幅広い事業を展開しており、その多様なフィールドの中で、自分の活躍できる場を探すことができると思いました。若手でも責任ある仕事に挑戦できる環境があるところも魅力的に感じたところです。また、昔から新しいものや流行ものが好きで、電子機器や最新家電ほか、衣服や雑貨にいたるまで、様々なカテゴリの雑誌を購入したりインターネットで調べていました。常にアンテナを張り巡らし、お客さまのニーズを敏感に感じることができるという点では、得意分野を活かせていると思います。

これまでの経験で活きていること

トークスクリプトの書き起こしで、
ロジカルに話すことの重要性を再認識

情報クローザーのサブリーダーになった時、ご挨拶からご契約をいただくまでのお客さまへご提案する営業プロセスをすべて文章に書き起こすトークスクリプトを作成する作業を行いました。当時、順調に業績が伸びたことから作成するよう依頼され、先輩や同僚、上司に内容を確認してもらいながら、苦労して書き起こしましたが、お客さまに向けたプレゼンテーションを客観的に分析しながら文章に起こすことで、ロジカルに話すことの重要性を再認識できました。今まで自分が何気なくお客さまに話していることのすべてに意味があったことに改めて気づき、自分の経験を客観的に整理することで自分の財産になったと思います。それまで自分さえできれば、という考えで仕事に取り組んでいましたが、この時の経験で“共有する”ことの価値を実感し、それが現在のチームマネジメントにも活かされていると思います。

学生の皆さんへのメッセージ

勉強やスポーツ、趣味など、どんなカテゴリであってもよいので、一つでもいいから夢中になれるものがある人、目の前の課題に自分で考えて取り組める人は当社に向いていると思います。また、現在やりたいことが定まっていない人であっても、当社の場合はフィールドが非常に幅広いので、自分自身がそうであったように、働いているうちにやりたいことや自身に変化が生じることもあると思います。

 

ある1日のスケジュール

09:30
メールチェック・朝会(前日実績・目標共有・周知事項・成功事例共有など)
10:00
現場同行
13:00
同行したチームメンバーとランチ
16:00
営業会議
18:45
退社〜学生時代の友人と飲み会
 
Copyright© Jupiter Telecommunications Co.Ltd. All Rights Reserved.