これまでの担当業務歴

  • 2002年4月 技術部 サービスエンジニア

    コアラテレビ(現:J:COM東葛・葛飾)に入社。最初の2年は技術サービスエンジニアとして、お客さまのご依頼に応じてお宅をご訪問し、サービスに関する技術的なご説明や機器の調整、幹線の工事などを行っていました。その後はヘッドエンド(放送を送り出す基地局)の設備保守、メンテナンス業務を担当し、新たな地域の拠点開局にも携わりました。

  • 2013年10月 JCNネットワーク技術部

    2005年にコアラテレビがJCN(ジャパンケーブルネット)グループに入り、その後、同じJCN傘下の葛飾ケーブルと合併。基地局の建設など設備の統合を実施。13年にJCNのネットワーク技術部へ異動し、JCNとJ:COM統合に向けた準備を担いました。

  • 2014年7月 ネットワーク技術部

    JCNとJ:COM統合に伴い、多チャンネルサービスのチャンネル番号の変更を担当しました。JCNとJ:COMでは基盤となる放送設備が異なる中で、設備統合より先行してチャンネル番号を変更することは技術的難易度も高く、社内の注目度も非常に大きな仕事でした。アシスタントマネージャー(管理職)の立場にあった私は、部下とともに移行計画を入念に策定し、技術的な検証を何度も繰り返したこと、またその計画を支えてくれた上司のおかげで無事完了することができました。

  • 2016年9月 現職

現在の仕事内容とやりがい

新たな時代のサービスのために
新技術を開発

現在は、4K/8K放送・高度BS放送の本格的な開始に向け、新たなSTB(お客さま宅に設置する放送機器)およびシステムの開発を進めています。私はこのプロジェクトで、センター側を中心とした新システム開発のグループリーダーを務めています。今回は自分が経験したことのない新たなシステムの開発で、プロジェクトの規模も大きく、同時に予定の期限までに必ずやり遂げなければならない重い責任を感じつつ、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。 技術系の様々な部署からメンバーが集まっているプロジェクトチームを率いる上で心がけているのは、常に「なぜ」と考え、「本音」で話すこと。そうした姿勢で対すれば、相手も素直に自分の意見を出して議論が深まり、より良いアイデアが生まれることがあります。 4K/8K放送の開始は2018年12月。お客さまのニーズをきめ細かくキャッチできるのがJ:COMの強みでもあり、4K/8Kだからこそ提供できるサービスなども盛り込み、期待を上回るシステムをつくり上げたいと考えています。

これまでの経験が今の業務にどう活きているか

お客さまの実際のニーズを
知っていることがすべての業務に活きる

入社後の数年、お客さまと直に接して、ケーブルテレビの楽しみ方や機器の使い方、技術的なお問い合わせなどを伺ってきたことは、その後に担当業務が変わっても常に活きています。我々の仕事は、技術を通してJ:COMのサービスを一層充実させ、お客さまの暮らしをもっと便利で豊かにすることにあります。だからこそ、お客さまの状況を理解していることが様々な場面で活きてきます。
また、環境の変化が活発だった頃からケーブルテレビ業界で働いてきたことで、組織が変わって一緒に働く技術者が変わっても、目標に向かって進む柔軟な対応力も身につきました。考え方の異なる技術者との出会いは、自分に新たな気づきを与え、成長を促してくれることにもなったと感じています。

これまでの困難な経験とそれを乗り越えた達成感

技術面だけでなく、お客さまへの対応も
考慮することで混乱を回避

会社の統合によるサービス統一、さらなるサービス向上とはいえ、長く親しんできたチャンネル番号が変わることは、お客さまにある程度のご迷惑をおかけすることになります。技術的な難しさも多々ありましたが、同時にお客さまへの配慮も細心の注意を払いました。混乱が広がることのないよう、お客さまからの問い合わせ窓口となるカスタマーセンター等のオペレーション部隊や、ガイド誌などの制作を行うプロモーション部隊とも早い段階から連携し、それらの関係者の意見を活かしたことも、スムーズなチャンネル番号変更に結びついたと思います。

今後の目標

多彩な経験で得た技術知識を活かし
J:COMの未来に寄与したい

私が入社した当時は4K/8Kや高度BSなど想像もしなかった世界で、技術の進化とともに新たな経験ができるのがこの業界で働く魅力だと感じます。一方、自分が培ってきた技術力は新たな技術開発においても活きる場面は多く、私自身の強みは、技術サービスエンジニアとしてのお客さま対応業務からインフラ設備の保守、メンテナンス、さらには技術開発まで、技術領域の一連の業務に携わり、数々の貴重な経験をしてきたこと。この強みを最大限に活かし、J:COMの未来に寄与したいと考えています。

学生の皆さんへのメッセージ

J:COMの技術業務の魅力は、関連する領域の幅が非常に広いこと。ケーブルテレビやインターネット、電話など幅広いサービスを提供しているため、通信や放送分野の技術はもちろん、アクセスインフラとして光ファイバーや同軸ケーブル、Wi-Fiをはじめとした無線通信など様々な知識が求められます。学生時代に学んだ知識がどこかで活き、また仕事を通してより多くの知識を身につけることができるのは、とてもやりがいの大きなことだと実感しています。

HOME
企業・事業を知る
人・仕事を知る
採用を知る
Copyright© Jupiter Telecommunications Co.Ltd. All Rights Reserved.