J:COM

Recruiting 2020

Culture

健康経営

「健康経営優良法人2019」~ホワイト500~認定

2019年2月、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2019〜ホワイト500〜」に認定されました。従業員一人ひとりが、心も体も健康な状態(Well-being)で、いきいきと活躍できる職場環境を実現するため、様々な施策で従業員とその家族の健康の保持・増進を推進していきます。

「健康経営有料法人2019」~ホワイト500~

健康経営宣言

〜健康でいきいきと活躍できる
会社を目指して〜

J:COMグループは、互いに尊敬しあう企業風土と
各人の能力を発揮できる職場環境を創造し
従業員と家族の物心の幸福を実現することを経営方針に掲げています。

当社のミッション実現のためにも
従業員一人ひとりの「健康」は欠かせない要素です。

会社と従業員、そして家族が一体となった「健康づくり」と
心身ともに元気で活力のある「職場環境づくり」を推進し
豊かな地域・社会の実現に寄与していくことをここに宣言します。

主な取り組み

コーポレート部門担当役員のもと、人事本部内の健康経営チームが健康保険組合や社内産業医と連携し、従業員の健康保持・増進につなげるべく以下の施策に積極的に取り組んでいます。

  • 「ウェルビーイング・プロジェクト」の推進

    心身の健康増進につながる様々な企画を提案し、従業員が主体的に運営、参加する機会を提供します。
    例)当社グループのスポーツ専門チャンネル、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)のノウハウを生かした「体幹トレーニング」「ゴルフやランニングのパフォーマンスアップ」「姿勢改善「肩こり腰痛解消」など、ニーズに合わせた講習会や、女性特有の健康課題に関するセミナーなどを行っています。

  • ヘルスリテラシーの向上

    従業員の健康増進には、個々人が健康に対する知識と意識をもつことが必要不可欠であるとの考えのもと、従業員向けのヘルスリテラシー向上研修や、健康に関する豆知識講座を実施しています。

  • メンタルヘルスケアの強化

    ストレスチェック実施後の要対応者フォローや、集団分析による組織改善の他、管理職・従業員向けの研修など、具体的な施策を継続的に実施しています。